*

LINEスタンプは本当に一般人でも儲けられるのか?2年のほったらかし売上検証の結果

      2017/08/14

現在、携帯で簡単に作る事が出来るようになり、ますます母数が増えるLINEスタンプ。

 

1000万稼ぎました!とか、毎月30万稼いでます!とか、一時期メディアで取り上げられる人がいましたが、

実際に一般人がやってみたらどのくらい儲けられるの?売上って?

 

LINEスタンプ作成し、2年間ほったらかして売り上げを検証しました。

 

条件

2015年8月から2017年7月までの2年間スタンプを販売しました

スタンプIDは13XXXX

おそらく約13万個目の申請です。

 

つまり、ライバルは販売当初で13万個。

 

発進力ですが、筆者にはSNSでの発信をしませんでした。(SNSをやってなかった)

自分で買って、知り合いとのグループでは多用しましたが、

自分で作った事は話しませんでした

 

LINEスタンプは一種類でお値段120円。

しかし、そのうち自分の懐に入ってくるのは44円

63%はLINE側にとられます

取り分37%って、低くない?!

 

審査

2015年の干支である羊を作成し、

2015年の新年に合わせられるように2014年にスタンプを申請しました。

 

しかし、2014年11月末にリジェクト(やり直し)!!

理由は、イラストの一部の色が透過(塗りつぶし出来ていない)とのこと!

 

急いでやり直して12月上旬に再度申請しましたが、結局2015年新年に間に合いませんでした。

それで意欲が落ち、結局販売が開始できたのが2015年8月。とんでもなく時間がかかってしまいました。

 

2015年入って2、3月くらいには販売可能だったかと思うのですが、

「販売できますよ」という連絡がGMAILにしか届かず、GMAILを当時確認していなかったので大変遅れてしまいました。

 

*ちなみに、

2017年以降はLINE Creator marketという名前でLINEアカウント上に審査状況のメールがくるようになったので、

連絡に気づかないなんてことはないと思います。

 

 

費用

スタンプを作るにあたり、タブレットを買いました。

漫画をかく事も出来る大きなタブレット、お値段10万。

 

!!

 

もっと安いのもあるのですが、、趣味も高じて、

最初のボーナスをつぎ込んでしまいました。

時間

スタンプ作成にかかる時間は、企画→作画→編集、修正含め、一個30分

1つ申請するのにスタンプ40個、タブ1個、メイン画像1個の計42個必要ですので、

42×30分=21時間かかりました

 

スタンプを作る時間は、次のスタンプからは約10分/個になりましたが、

それでも作成に7時間はかかっちゃいますね

 

結果

売り上げ2489円!

50個ちょっと売れた計算に。

 

そしてこの売り上げ、このまま懐には入りません

ここから源泉徴収されます

 

筆者の場合、ここから254円(約1割)が源泉所得税でひかれます\

 

以下、送金申請のスクリーンショットです

2235円だと?!

さらに、下の文字にかいてあるのですが、

ラインペイを使わないで銀行振込してもらおうとすると、送金手数料540円がひかれるので、1695円に!

 

すっくな!

 

*調べたら、ラインペイに送金→銀行口座振り込みにすれば、手数料216円です。

参考ブログ→こちら

 

多少安くなったけど、216円もうける為は5個スタンプ売らなきゃ行けないしな。

 

推移

売り上げの推移を、グラフにしてみました

ほぼ、初回月!

(約1800円)

 

販売当初は、「最近追加されたスタンプ」というカテゴリに分類され

比較的人の目に付きやすかったのですが、

 

1ヶ月も経つと、他のスタンプに埋もれてしまったようです

 

 

まとめ

かかったお金と時間をふまえ、どのくらいの利益がでたのか?

 

まぁ、利益なんて出ちゃいないのですが

 

かかったお金

タブレット 10万

 

売り上げ 2235円

時間 21時間

 

 

これは、、あかんで!!

 

10万のタブレットの元をとると考えても、あと50種類はスタンプを作らなきゃいけません

それにかかる時間は約25日(7時間で一種類→一日2種類つくれると仮定)

 

その後は利益になるとしても

うーん、、これはきつい。。

 

さらに、現在はスタンプが増えているので、2015年と同様には売れないでしょう。

 

追記:

先日、2017年8月にスタンプ申請したら、IDが70XXXXでした。

すでに70万個のスタンプが申請されているということだとすると、、

2015年から比べてスタンプ数が5倍近くになっている!!

 

売ろうと思ったら情報発信をしていかないと、埋もれてしまって人に発見してもらえいないでしょうね。

 -LINEスタンプ

  関連記事

LINEスタンプ申請の前に必見!ミスがないかシミュレーションでチェックしましたか?

LINEスタンプ、 一般人でも作成、申請が容易であり、現在十数万個のスタンプが出回ってます。 &nb

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

物販系アフィリエイトは稼げないのか?家電攻略戦線

物販系アフィリエイトは稼げないと言われることが多い。 実際、物販はAmazonや楽天が主戦場になるこ

カエレバのリンクを別のサイトに貼ってしまったときの対処方法

今更ながらカエレバを使い始めた。 で、早速やらかしかけたのでその時の対処方法と注意点をまとめておく。

Amazonアソシエイトの審査に5回落ちた件

このタイトルに激しい既視感を覚えている。 どうやら4回目の時も記事を書いていた気がする。 その時は、

Googleのアップデートで医療系アフィサイトが吹き飛ばされた件

2017年12月6日のGoogleアップデートによって医療、健康系アフィリエイトサイトが相当数吹き飛

Amazonアソシエイトの審査に4回落ちた件

誤解が無いよう、最初に断っておく。 まだ、審査に通ってない。 大抵この手の記事は5回目に審査に通って